家族が集う“お茶の間”を懐かしい丸ちゃぶ台で演出。
かつて一般的な日本の家庭には、必ずといってよいほど大きな丸いちゃぶ台がありました。食事の時も団欒の時も、一家の主を中心に、丸いちゃぶ台を囲んで家族が集ったものです。そんな懐かしく心安らぐ光景も、日本人の生活スタイルの洋風化に伴い、次第に映画やドラマの中でしか見られなくなってしまいました。
こちらの「懐古調・丸ちゃぶ台」は、〈駿河木芸〉ならではの伝統技術が光る名品。懐かしい昭和のお茶の間の風景を現代に蘇らせ、温かな気持ちにさせてくれるノスタルジックな逸品です。
直径約82cmの手頃なサイズで、昔ながらの技法による端正なつくりも秀逸。木目の美しい民芸的な色調の栓材と、黒塗りの脚に重厚な雰囲気が漂います。柔らかなカーブを描く脚が上品で、懐かしさだけでなく優れた工芸品としても愉しめます。味わい深いその姿は、洋室に置いても映えそうです。
そして丸ちゃぶ台は、なんといっても「丸い」ところが実によい。くるくる転がして手軽に運ぶことができるし、脚を折りたためば狭いスペースにも収納することができます。丸いからどこでも使うことができ、何よりこの丸さが家庭円満を象徴するかのよう。まさに”用の美”を具現したこの丸ちゃぶ台で、茶飲み話に花を咲かせたり、団欒の時を過ごしたり、家にいる時間を愉しく演出してみてはいかがでしょうか。
当社限定商品
商品番号:236-675-01-01

懐古調・丸ちゃぶ台

50,600(税込)
 
カラー・タイプ
01 *
サイズ
在庫状況
在庫残りわずか
数量
サイズ(約) 直径82cm×高さ30cm
重さ(約) 8.5kg
素材 天板=天然木(栓)、脚部=天然木(ビーチ)、ウレタン樹脂塗装
原産国 日本
その他 こちらの商品は【別途】大型品梱包配送料4,180円(税込)を申し受けます。
※色調、木目、重さが写真・スペックと異なる場合があります。