稀少な古布で鯉の躍動感を表現。
黄河の急流の滝、竜門を登った鯉は竜となるという中国の故事から、「鯉の滝登り」は立身出世することのたとえに使われます。こちらの「古布創作押絵タペストリー『鯉の滝登り』」には、紫の鯉の後を我も続かん、とばかりに赤の鯉も追いかけて、今にも松の木に届きそうな勢いの2匹の姿が描かれています。激しくひれを躍動させて天を目指していますが、つぶらな瞳は愛嬌たっぷりで、必死というよりもむしろ余裕のある様子です。なんだか愉しそうに踊っているようにも見えます。手がけたのは、古布の素晴らしさを活かしたタペストリーやアクセサリーなどを制作する小島きよ子氏。華やかで上品な作風が評判の小裂作家であり、福岡で人気のアトリエ〈椿座〉の代表でもあります。さまざまな古裂を絶妙に組み合わせた立体的な表現が秀逸なタペストリー。鯉のぼりの代わりとして、また、季節の設えとして飾っていただくのも洒落ています。
商品番号:249-821-01-01

古布創作押絵タペストリー「鯉の滝登り」

40,700(税込)
 
カラー・タイプ
01 *
サイズ
在庫状況
在庫なし(入荷未定)
数量
ギフト
ラッピング
サイズ(約) 縦97.5cm×横28cm(軸先含む)
重さ(約) 170g
素材 絹(古布)、綿、紙、軸=竹
原産国 日本
その他 ※古布を使用した手作りのため、色、柄の出方が写真と異なる場合があります。