現代空間にスマートに馴染む、屋久杉を使った新しい祈りの形。
世界遺産に登録されている屋久島のシンボルともいうべき屋久杉は、樹齢千年から二千年に達する悠久の歴史が刻まれたものも少なくありません。そんな屋久杉の魅力を最大限に活かした家具や工芸品を製造、販売しているのが〈山王産業〉。「千年以上の時を生きてきた屋久杉は神秘的な存在。家や持つ人を守る、お守りになってくれると思うのです」と同社代表の山王和博氏は語ります。
こちらは神棚やお札入れとして使え、また、大きな仏壇を置くのは難しいという方におすすめしたい厨子。置くことだけでなく、掛けることもできるので、仏具などをチェストに置いてその後ろの壁などに掛けて、省スペースで使えるのが特徴です。インテリアをほとんど変えず、場所をとらずに設置できます。
何十種類もの彫刻刀を使い分けて、一つ一つ丁寧に彫っていくのですが、屋久杉は柔らかくデリケートな素材なので、部分によっては加工が難しく、仕上げの工程に時間がかかるといいます。悠久の時を封じ込めた屋久杉の厳かな佇まいを、ぜひ毎日の祈りの中で感じてみてはいかがでしょうか。
商品番号:278-828-01-01

屋久杉/掛・置兼用厨子

49,500(税込)
 
カラー・タイプ
01 *
サイズ
在庫状況
在庫残りわずか
数量
ギフト
ラッピング
サイズ(約) 幅15cm×奥行11cm×高さ35cm
重さ(約) 1.2kg
材質 天然木(屋久杉)、ウレタン塗装
原産国 日本
その他 ※お申込み多数の場合、お届けにお時間を要することがあります。
※天然素材を使用した手作りのため、色、木目、サイズ、重さが写真・スペックと異なる場合があります。