蓋裏に福助が鎮座する上品な椀
お吸物椀の蓋を開けると、なんと蓋の裏には福助が。おめでたい席に笑いと和みをもたらす椀です。手がけたのは、輪島塗の伝統工芸士である中島忠平こと中島利雄氏。全国に漆器の産地は数多くありますが、輪島塗は品質、耐久性ともに屈指の定評がある、日本を代表する漆器。この福助の絵柄は輪島で代々続いてきた塗師の五代目である中島氏が30年ほど前に思いついた意匠で、意匠登録もされている〈中島忠平漆器店〉を代表する作品です。
「よく言うんです。塗り物は嘘をつく、と。つまり上塗りをしてしまえば下が見えない。しかし長年使うとその差は歴然」と中島氏。輪島塗の場合は、木地に布着せをし、珪藻土の粉を混ぜた漆で木地固めをします。混ぜる珪藻土(地の粉)も粗いものから細かいものまで塗る段階で変えています。塗りと一口に言っても下塗り、中塗り、上塗りとありますが、それぞれ一度塗ったら研ぐという作業が加わります。研がないと次の漆が付きにくくなるからです。その回数は塗りと研ぎを繰り返すこと124工程に及び、乾かす時間を入れると、1個の製品ができあがるまでに半年以上かかるといいます。中島氏の塗りが終わったら蒔絵師が福助を入れて完成します。「こんな時代だからこそ、福助で笑っていただければ嬉しいです」と中島氏。ぜひご愛用いただきたい逸品です。
商品番号:386-023

輪島塗/福助吸物椀

55,000(税込)
 
カラー・タイプ
サイズ
在庫状況
数量
ギフト
ラッピング
カラーとサイズを選んでください
カラーとサイズを選んでください
サイズ(約) 直径12㎝×高さ6.8㎝(蓋含む10㎝)
重さ(約) 170g
材質 天然木(欅)、漆塗り仕上げ
原産国 日本
その他 ※漆を使用しているため、漆にかぶれやすい体質の方がまれにかぶれることがあります。
※手作りのため、色調、柄の出方、サイズ、重さが写真・スペックと異なる場合があります。

明治5年創業〈中島忠平漆器店〉の五代目で、輪島塗伝統工芸士の中島利雄氏。自分の見えるところで仕事を進める、というのが信条だという。

「輪島塗というと松竹梅が描かれた漆器が多く、面白味のあるものが欲しいなと考えていたのです。漆器の展示会などでも、福助は注目を集めますね」と中島氏。