利休ゆかりの本流作務衣で過ごす休日
禅僧が「作務」と呼ばれる修行の際に身に纏う作務衣は、その動きやすさ、着心地のよさから、大人の家庭着としても定着しています。こちらは千利休の菩提寺として知られる京都の名刹、大徳寺聚光院御用の作務衣です。聚光院は永禄9年に笑嶺宗訢和尚を開祖として創建。本堂は国の重要文化財に指定され、数多くの文化財を有することでも知られている名刹です。材には綿つむぎと呼ばれる太番手の糸を使用した地厚の織地を使用。着るほどに肌に馴染み、膝抜けしにくいのも特徴です。下前の襟部分には聚光院御用の証である刺しゅうを、背面には寺紋を配しました。袖口はゴム入りになっており、作業の際に袖がもたつきにくい。カラーは、紺と利休(緑系)の2色をご用意しました。日常に趣ある寛ぎを添えてくれます。
洗濯機OK
商品番号:933-349

大徳寺聚光院御用作務衣

55,000(税込)
 
カラー・タイプ
サイズ
在庫状況
数量
ギフト
ラッピング
カラーとサイズを選んでください
カラーとサイズを選んでください
サイズ 04:M
05:L
素材 綿100%
原産国 日本
仕様 上衣のポケットは下前身頃に1個、上前身頃の内側(胸)に1個、下衣前面に2個/上衣は両脇裾スリット/袖口にゴム入り/下衣は前開きあり/ウエスト背面ゴム(ドローコード入り)/下衣裾にドローコード入り
その他 洗濯機可
サイズ(上衣) 適応身長 適応胸囲 着丈 裄丈
04:M 160-170 65-90 75 77
05:L 165-175 75-100 81 81
サイズ(下衣) 適応ウエスト パンツ丈
04:M 65-90 97
05:L 75-100 100

サイズ(単位=cm)