室内で味わう枝垂桜の美。
日ごとに暖かくなり、春の訪れを開花の便りとともに実感し始める彼岸の頃。古来、日本人は掛け軸や襖絵など実にさまざまな形で桜を愛でてきました。そんな日本人ならではの風習を、趣深くも手軽に愉しめるのがご紹介する手描きタペストリー。手がけたのは、現代生活に映えるのれんやタペストリーが好評な京都の工房〈万葉舎〉です。江戸時代に京都で生まれ確立された琳派作品をモチーフに表現した、味わい深く格調が感じられる一品。逞しい枝との対比で、垂れ下がる枝のしなやかさや満開に咲き誇る桜の清楚な美しさが一層際立ちます。中央で枝と桜が交差するバランスのとれた構図も秀逸。淡くピンクに色づく桜、随所に緑が滲む枝など、濃淡を巧みに駆使した描写も見事です。麻地のざっくりとした風合いもよく、手描きならではの筆遣いが感じられ、つい見入ってしまう仕上がり。床の間などの和室にはもちろん洋室に飾っても洒落ています。室内に晴れやかな春の趣をもたらし、見る人の心をほころばせてくれることでしょう。
商品番号:580-349-01-01

手描きタペストリー/枝垂桜

19,800(税込)
 
カラー・タイプ
01 *
サイズ
在庫状況
在庫あり
数量
ギフト
ラッピング
サイズ(約) 縦150cm×横45cm(軸先含まず)
素材 麻100%、軸=木
原産国 日本
その他 ※手描きのため、色調、柄の出方が写真と異なる場合があります。